設計事例

竜洋の家

オープンシステムで建てた一棟めの住まいです。
依頼主自らしっくい壁を施工するなど、分離発注の良さを活かし
空気集熱式ソーラーの採用で、パッシブな暮らし方を楽しんでいます。

 

浜岡の家

南北に9m、東西に50mの細長い土地に計画した、平屋の住まいです。
門柱と土留めポーチの枕木は依頼主が自分で調達、自分で施工しました。

 

普段を愉しむ小さな家

主屋の裏に離れ的に建てた小さな家です。
『普段を愉しむ小さな家』は、設計時のコンセプトをそのまま言葉にしました。

 

浜北の家

壁にはめこんだ積木でロフトまでクライミングしたり、
登り棒を付けたりと、遊び心のある住まいになりました。
空気式床暖房(レガレット)の採用で冬も快適です。

 

白鳥の家

台所周辺のリフォームです。
食堂からデッキへとつながる、気持ちの良い空間になりました。

 

森を眺める家

風致地区の8mの高さ規制と2割の建ぺい率のため、地下1階、地上2階としました。
冬は蒔ストーブで暖かく、夏の暑い夜は、地下室で涼しく寝ているそうです。
平成19年度 静岡県住まいの文化賞優秀賞、およびしずおか優良木材特別賞を受賞しました。

 

富塚の家 

狭い土地のため、1階と2階の間に天井高さ1.4mの収納スペースをはさんだ、3層の家としました。
部屋通しは引戸でオープンにし、吹抜けや天窓による採光で狭さを感じさせません。

 

夕湖庵

浜名湖を西に望む場所に建てられたセカンドハウスです。
湖に沈む夕焼けがとても美しく、そこから名前がつけられました。

 

天竜の板倉

柱と柱の間に杉板を落し込んで板壁にしています。
ほぼ天竜の杉と桧と松だけでできています。

 

富塚の家

依頼主は自分達の暮らし方を明確に持っており、その実現に向けて
手伝わせてもらえたことは、とても楽しいことでした。

 

三幸の家

毎日の暮らしが木としっくいと紙に囲まれていることは
とても気持ちの良いことだと思います。

 

磐田の家

大工さんの手刻みによる大家族の住まいです。
工場加工ではない大工さんの手加工は安心感がありました。

 

曳馬の家

馬込川沿いの閑静な住宅地にあり、春は土手の桜が見事です。
その桜を見ながらの暮らしが、設計する上での重要な要望事項でした。